年中無休・24時間受付・お見積り無料

コラム

トイレ

トイレの尿石を落とすには?レベル別の掃除方法や予防策を解説!

尿石を放置しておくと便器が黄ばみ汚れていくだけでなく、悪臭にもつながります。また頑固なものになると、普段の掃除では落とせなくなるのです。

そこでこの記事では、黄ばむ原因やレベル別の掃除方法を紹介していきます。

トイレが黄ばむ原因とは

  • トイレの黄ばみは、とても気になる汚れです。排尿後に水を流したとしても、ふちに飛び散った尿が残ります。

    そのまま放置をしていると、尿石になってしまうのです。汚れや黄ばみ、臭いだけでなく、水回りのトラブルが発生することもあります。

    トイレの原因は尿石が関係している
    掃除をしているのに、なかなか汚れが落ちない場合や、なぜか便器が黄ばんで見えるなどの悩みを抱えている方も多いでしょう。この黄ばみや汚れの正体は、尿石が付いてしまったために起こるトラブルなのです。

    早いうちに掃除をおこなえば、すぐに落とすことが可能です。しかし時間が経過すると雑菌が繁殖したり、蓄積したりするため頑固な汚れとして残ってしまいます。便器のふちに付いた尿は、その場で拭き取るように心がけましょう。

    尿石の特徴
    尿に含まれるリン酸カルシウムの成分が、尿素やたんぱく質と結合して固まります。また尿素がアンモニアに分解されてアルカリ成分になる特徴があるのです。そのためほかの汚れよりもこびり付きやすく、落としにくい特徴もあります。

    時間が経てば経つほど、頑固な汚れとなり水洗いだけでは落とせない汚れになります。文字通り固くなっているため、酷い状態になると削り落とす作業になるのです。厄介な汚れなので、早めの対処をしてください。

トイレの尿石をレベル別に落とす掃除方法

  • ここからは汚れのレベル別に、掃除方法を紹介していきます。黄ばみ具合によって使用する薬剤や、方法が異なります。

    頑固レベル1には重曹とクエン酸
    頑固な汚れレベル1は、人体に影響のないものが使用できます。汚れ具合もそんなに酷くない状態なので、時間もかからずに落とせるでしょう。使用する薬剤は、酸性成分のクエン酸がおすすめです。

    ボトルに水を100mlとクエン酸小さじ1/2をいれて、スプレーを作っていきましょう。気になる部分にスプレーを吹き付け、その上から粉末の重曹をまぶしてください。そのまま30分放置して、ブラシでこすり洗いをするときれいになります。

    頑固レベル2には酸性洗剤を使う
    頑固な汚れレベル2は、レベル1より洗浄力の強い、酸性薬剤を使用していきます。サンポールが代表的です。洗剤をかけるだけなので簡単ですが、便器の種類によっては使用不可になっているものもあるため、説明書を確認しておきましょう。

    準備するものは酸性洗剤、ブラシ、ゴム手袋です。手順はゴム手袋をはめたあと、酸性洗剤を気になる部分にかけていきます。2〜3分ほど置いてから、ブラシでこすります。落ちないときには、5分ほどペーパーに洗剤をつけてパックしてください。

    頑固レベル3には削ぎ落す方法が有効
    サンポールなどの酸性洗剤を使用しても落ちない場合には、削り落とす方法が有効です。石化しているため、削り落とす方法しか残っていないと考えておきましょう。厄介な作業ではありますが、アイテムを使用すると手軽に落とすことができます。

    洗剤いらずで水に濡らしてこするだけのアイテムや、耐水性のサンドペーパーなどが効果的です。ほかにも効果が期待できるものが販売されているため、できるだけ楽に削ぎ落せるアイテムをゲットしておきましょう。

    尿石を掃除する上での注意点
    掃除するときの注意点として、便器の素材を確認しておきましょう。材質によっては使用できない薬品があります。表面を傷つけたりする恐れがあるため危険です。また酸性と塩素系の洗剤を混ぜると、有毒ガスが発生するため注意してください。

トイレの尿石を予防する方法は?

  • きれいに解消できた状態をなるべく保ちたいものです。そこでここからは予防する対策法を紹介していきます。


    使用後は適量の水を毎回流す
    トイレで用を足したあとに、節水のために水を流さない行為はやめておきましょう。これでは、尿や汚れがつきやすくなるのです。用を足したあとには、水を毎回流すようにして、原因の元をきれいに洗い流してください。

    掃除用の洗剤を酸性成分にする
    掃除用の洗剤を、酸性成分のタイプに変えることもおすすめです。販売されているタイプは中性洗剤が多いのですが、それでは汚れが落としきれません。尿石を予防したいのであれば、洗剤を酸性成分に変更してみましょう。

    定期的にトイレ掃除をおこなう
    毎日掃除をすることが理想ですが、忙しいとなかなか掃除はできません。もし時間が取れないという方は、便器の中だけでも洗剤をつけてブラシでこする掃除だけでも大丈夫です。使用したあとに、軽い掃除をしておきましょう。

    掃除のあとに便器内をコーティングする
    便器をコーティングしておくと、汚れが溜まりにくくなります。念入りに汚れを落としたあとは、スタンプタイプやスプレータイプのコーティング剤を使用しましょう。スタンプタイプは水を流すだけで、水の溜まりやフチ裏まで成分がいきとどきます。

トイレの尿石が改善されないときは業者へ依頼する

  • 対策法や掃除を念入りにしても、改善されない場合は限界を超えている可能性が高いです。業者が使用する専門の薬剤や工具などを使用して解消して貰いましょう。

    業者に依頼すると、便器の奥に溜まった汚れまで解消できるメリットがあるのです。

    細かい部分もきれいにしてもらえる
    細かい部分もしっかりきれいにして貰えるメリットがあります。自分ではできないふちうらの黄ばみや汚れなどを、専用の洗浄液を使用して素早く溶かして解消させます。

    しつこい汚れも落としてもらえる
    厄介な頑固な汚れでも、専用器具や専門薬剤を使用してきれいに落とすことが可能です。市販されている薬剤より強いものを使うため、洗浄力に差がでます。この汚れは落とせるのかと、不安になっているしつこい汚れもきれいに落としてくれるのです。

    ほとんどの業者が10,000円以下で対応してくれる
    業者に依頼した場合、気になるのはやはり金額の問題でしょう。トイレクリーニングの相場は7,000円〜10,000円と、ほどんどの業者が10,000円以下で対応してくれます。便器を買い替えるより安く済むため、ぜひ検討してみましょう。

まとめ

  • トイレにこびりついた頑固な汚れや黄ばみは、尿石が原因です。尿に含まれるリン酸カルシウムの成分が、尿素やたんぱく質と混ざり合ってできるのです。ついてからすぐに対処をおこなえば、なんでもない汚れだということも覚えておきましょう。

    しかし放置する時間が長くなると、頑固な汚れに変化していきます。汚れのレベルに合わせて使用する薬剤や道具を準備して対処してください。最終的には、削り落とす方法しかありませんが、便器を傷つけてしまう恐れもあるため注意してください。

    どうしても解消できない場合には、プロに依頼してみましょう。便器を傷つけることなく頑固な汚れや細かい部分まできれいにして貰えます。

いますぐお電話 0120-492-315 年中無休 24時間受付 お見積り無料